小児福祉用具 車いす/自操(自走)・介助 アクティブな方向け車いす

 
訓練用機器:乳幼児から幼児のポジショニングをサポート
早期アクティビティ システム

EAS(Early Activity System)は、生後間もない乳幼児や「よちよち歩き」をする2歳くらいまでの幼児の発達を早期からのサポートするシステムです。背臥位、腹臥位、側臥位、座位、四つ這いの5つのポジショニングを基本とし、小児の発達を早期からサポートするシステムです。

EAS(Early Activity System)早期アクティビティ システム

早期アクティビティシステム
EAS..Early Activity System
(イー・エー・エス)

EAS(イー・エ・エス)は子どもの「遊び」をベースにしたプログラムが行なえるようにデザインされています。そのため、発達に係る訓練などの介入が必要となった場合、直ちに開始することができます。EASはセラピストと介護をされるご両親などが協力しながら、子どもの発達に必要となるさなざまな活動のベースとなる動きをサポートしていきます。

 


このプログラムは、「腹ばい(腹臥位)」、「仰向け(背臥位)」、「横向き(側臥位)」、「座位」、「四つ這い」を基本の体位とし、下図のようなボールを使った遊びなどを行うことで、活動レベルや発達レベルを高めたり、それぞれの能力を伸ばしたり強めたりしていきます。

 

基本的な動きはセラピーハンドブックに記載されていますが、個々の子どもに必要な動きを各セラピストや医療関係者と相談しながら、決めて行うことも可能です。

基本セット

・ソフトマット(ベースとなるマット)
・フレキシブルパッド(さまざまな形に変えられる7種類のパッド)
・ベルト
・セラピーハンドブック

EAS(Early Activity System)早期アクティビティ システム

 

セラピーハンドブックに掲載されているトレーニングの例

EAS(Early Activity System)早期アクティビティ システム

 

*製品の使用に関しましてはセラピストをはじめとした医療関係者とご相談の上、ご検討ください。


 

*この製品の製造元である英国レッキー社は、ドイツ、オットーボック社と臨床や開発などを 含めて協力関係を持ち、パートナーシップ提携をしています。

 

 



[24時間コンセプト]New
リハビリ小児製品「24時間コンセプト」

お子様の発達を生活のあらゆる
場面で、より適切なタイミング
でサポートすることを目指す
「24時間コンセプト」を提案
しています。

Link


リハビリのゴールを示す
スマイルマーク

EAS:早期アクティビティ システム

に有効なリハビリを示しています。

 

 

嚥下(飲み込み)障害の改善

嚥下障害のある子どもに対して先
ず重要なことは、医療的な治療に加

えて、変形などを正し、的確な姿勢
に近づけるよう改善を試みるという
ことです。
Link

 

 

 

身体の緊張のマネージメントポスチャーコントロール
(姿勢づくり)

筋肉のある一定状態が起こす身体
の緊張をマネージメントすることは
重要です。
Link

 

 

 

左右対称性の姿勢(体位)

「シンメトリー(左右対称性)」は身体の発達において大切な基礎となる要素です。

Link

 

 

 

認知力/知覚作用

視覚、聴覚、触角、嗅覚、味覚など
のさまざまな感覚の相互作用により、物事やその変化などを知り、それによって行動や活動、動きなどが反応となって起こるような形の発達を「知覚運動性の発達」と呼びます。

Link

 

 

小児用歩行補助具
「アップシー登場」 new

小児用歩行補助具 アップシー(Upsee)

Link

 

 

ottobock 装具関連製品

ottobock 装具関連製品

手首の装具 Link
股関節の装具 Link
シューホン用部品 Link