小児福祉用具 車いす/自操(自走)・介助 アクティブな方向け車いす

 
自立性の確立/動作と移動すること:

「遊び」や「日常生活での経験」を通し、感覚器の発達や環境への適応を無意識の内に促進していくことは、子どもの発達にとって非常に有効的なことです。子どもが自立する課程において、「動作」や「移動する」ということは「発達過程での基本的なゴールの一つ」と言えます。

車いす

リハビリテーションのゴール...その1

「遊び」から自立性を確立

友達と共に活動し、共に遊び、新しいことをすることは、子どもの人生において基礎となる経験の一つといえます。子ども達は、「遊び」を通して彼らの世界を切り開いていきます。彼らは、この「遊び」という活動の中でさまざまな感覚を養い、環境を受け入れ、環境に適応して生活していく自信を獲得し、確信していくものです。

 

さらに、遊びの中で、「自分の意思で決定して動作する、もしくは移動する」ということは非常に重要なキーとなる要素です。

「動作」と「移動すること」 ..その重要性

友達について行く、母親の元に行く、自分で好きなおもちゃを取りに行くなど、動作も含めて、「動く」ということは、子どもの環境や生活の中で最低限必要とされる行動です。歩行器を使って自分で歩いたり、車いすを自分で操作したり、またはバギーに乗せてもらったり・・・とその手段は能力と要望に応じてさまざまです。

 

特に早期における動きのパターンや感覚は、その後の子どもの発達に大きく影響します。それぞれ個別の発達過程をとりますが、年齢に応じて「その時必要な動作、移動」を助ける用具を使うことで、こうした能力の獲得を促進してくれます。

 

「歩行」は移動の中でも最も高度な動きになります。そのため、障害の有無に限らず「自分で歩行すること」を達成した子どもは大きな自信を獲得します。この自信により環境に対応し、臆することなくさまざまな経験ができるようになり、社会の一員として適合していくのです。

 

さらに、歩くことはできなくても、車いすなどで「自分の行きたいところに自分で行くことができる」=「自分の意思で移動したいところを選択し、移動する」という経験は、子どもの自立性を伸ばしていく大きなきっかけとなります。


「遊び」や「日常生活での経験」を通し、感覚器の発達や環境への適応を無意識の内に促進していくことは、子どもの発達にとって非常に有効的なことです。子どもが自立する課程において、「動作」や「移動する」ということは「発達過程での基本的なゴールの一つ」と言えます。

 

車いす アバンギャルド  座位保持 バギー キンバネオ


     

自立性の確立/動作と移動
をゴールとした効果的用具

車いす(M6)

車いす M6

Link

 

車いす(アバンギャルド テーィン2)

車いす アバンギャルド ティーン2

Link

車いす(アバンギャルド2VR)

車いす アバンギャルド ティーンVR
Link

 

キンバ

座位保持バギー キンバネオ
Link

 

ディスカバリー

座位保持(移動用機器)
ディスカバリー

Link

 

ディスカバリー

訓練用機器 スクイーグルスタンダー

Link

 

歩行器

歩行器 ヌルミネオ

Link