小児福祉用具 車いす/自操(自走)・介助 アクティブな方向け車いす

 
シンメトリー(左右対称性)の姿勢(体位):

「シンメトリー(左右対称性)」は身体の発達において大切な基礎となる要素です。異常なポスチャー(姿勢)に気づいた際には、なるべく早期に必要なリハビリテーションを開始したり、個別対応の用具を使用したりすることで、ポスチャーの異常や変形を緩和することが可能になります。

 

リハビリテーションのゴール...その4

対称/非対称とは

新生児は、生まれた時には非対称な動きや反射のポジションをとりますが、数ヶ月たつ内に徐々に対称的な身体になり、生活のために必要な「座る」、「立つ」、「歩行」などの動きを行えるようになります。

 

これに対し、発達に遅延や障害のある子どもの場合には、脳の発達の影響などにより原始反射(新生児に生まれつき備わっている未熟な反射機能であり、唇に触れたものに吸い付こうとしたり、指などで手のひらに触ると握ったりする行動を起こすこと。通常中枢神経の成長と共に消えていくもの)が長期にわたり残っていたり、身体の片側の筋肉だけが発達して強くなったり、逆に弱すぎたり、などの非対称な状況を維持しています。このような非対称な状態では、頸をまっすぐ上げることや身体を垂直に持ち上げることが困難になり、その後の発達にも大きな影響を及ぼします。

身体の発達において大切な要素である「シンメトリー(左右対称性)」

このように、「シンメトリー(左右対称性)」は、身体の発達においては大切な基礎となる要素です。
非対称な身体状態のまま時間がたつと、次に身体の変形などの整形外科的な問題が起り、子どもにさらなる痛みを負わせることになります。異常なポスチャー(姿勢)に気づいた際には、なるべく早期に必要なリハビリテーションを開始したり、個別対応の用具を使用したりすることで、ポスチャーの異常や変形を緩和することが可能になります。その際、用具によるサポートは、個々の発達の状況に応じて対応することが大切です。

 

座位保持 キット  移動用機器 ディスカバリー

 


     

シンメトリー(左右対称性)
の姿勢(体位)を
ゴールとした効果的用具

車いす(M6)

訓練用機器 EAS
Link

車いす(アバンギャルド テーィン2)

訓練用機器 ESS
Link


車いす(アバンギャルド2VR)

座位保持スクイーグル
Link

 

キンバ

座位保持 マイゴー
Link

 

ディスカバリー

座位保持 KIT
Link

歩行器

スリープフォーム
Link

 

キンバ

座位保持キンバ バギー
Link

 

キンバ

座位保持(移動用機器)
ディスカバリー

Link

 

ディスカバリー

訓練用機器 スクイーグルスタンダー
Link

 

歩行器

日常生活用具 バスチェア
Link