小児福祉用具 車いす/自操(自走)・介助 アクティブな方向け車いす


車いす/自操・介助:
成人向けの..初めての車いす

事故や病気などでで身体の機能が障害を受けて、歩くことが困難になった方が、個々の生活スタイルや身体状況に応じて選択ができるよう、車いすの選択のポイントと的確な選択例をご紹介いたします。


はじめに

 事故や病気などで身体の機能が障害を受けたり、歩くことが困難になった場合に使われるのが車いすです。しかしながら車いすは、事前に準備をしておくというより、突然使うことになるという場合が殆どです。

そのような場合、どうやって、どこで購入したらいいのか?どのように選んだらよいのか?そもそも、車いすの使い方とは?と多くの疑問が出てくると思います。それ以前に、その時点の身体の状態によっては、他に知りたいことがたくさんあり、車いすのことまで考えられないかもしれません。

 

はじめての車いすを選ぶ際には、以下にご紹介する車いすの選択例を参考にしていただき、医療従事者や取扱事業者の方と相談されることをお勧めいたします。


まず、車いすを椅子のひとつとして考えてもらうと、日常生活の中で腰かけて仕事や食事をする際には、それぞれの用途に合わせてさまざまな形の椅子を使っていると思います。ちょっと腰をかけるだけの丸椅子や1時間以上座っている映画館のリラックスした椅子、高さや背もたれが調節できるオフィス用の椅子、アウトドアで気軽に使える持ち運びの便利な折りたたみ式の軽い椅子など。このような観点から車いすのことも考えると、使う目的や状況などでざまざまな選択肢を考えることができます。

以下のチャートは、使う時間を基本とした車いすの選択例です。

 

車いす車いす

車いすの選択例

選択肢 [A] について

 車いすに長時間座っていたり、少しでも自分で操作することがある場合には、「使う人」を中心に車いすを考えてください。きちんと座っているか、座っていて疲れないか、こぐ動作も含めて使いづらくないかなど、目視で判断できることも多いかと思います。


身体状況による選択例:


 ① 手に麻痺がある方など:

足を使って車いすを操作されることも多いと思いますので足こぎのしやすい車いすをお勧めします。(モジュラー車いすM2など)

② 片手だけで車いすを操作される方:

片側の後輪だけを操作することで両側の車輪の操作ができる車いすをお勧めします。(モジュラー車いすモータスモジュラー車いすM2など)

③ 漕ぐ力が少ない方:

剛性(外からの力などにより変形しないこと)の強いしっかりとしたフレームの車いすをお勧めします。少ない力でも車いすをこぐことができるものが良いでしょう。
モジュラー車いすM2など)


重量の軽い車いすほど、こぐのも軽いのではないかと思われがちですが、重量が軽くてもフレームがしっかりしていないと、こいだ時の力が上手く働かず、さらに力が必要となってしまいます。

[少しイメージしづらいと思いますが、フレームがガタガタのショッピングカートが扱いづらいのと同じです。軽くこぐためには、フレームがしっかりとしていることが非常に重要なのです。]

 

屋外で使用されるのであれば、簡易電動装置を車いすに取り付けることもひとつです。
(ヤマハ製JWX-1の取り付けなど)

 ④ 身体が大きい方や小さい方:

足の長さ、角度、腕の高さなどが調整できるモジュラー式の車いすをお勧めします。

 

空港や百貨店、病院の入り口でよく見かける車いすでは小さすぎたり大きすぎたりしていると思います。このような車いすの座幅は、ほとんどが(座る部分の幅)40cmなのです。しかし、それでは車いすにはまってしまって動けないとか、大きすぎて車いすから滑り落ちてしまうということになります。

また、人の足の長さや手の長さはそれぞれ違います。小さすぎて窮屈だったり、大きすぎて操作ができなかったりしては、車いすとしての役割を果たしません。モジュラー式の車いすにより、自分に合ったサイズや機能に近づけた1台を作ることができます。

モジュラー車いすM4モジュラー車いすM2など)

 

選択肢 [B] について

  用途によっては、簡易のつくりの車いすでも充分役割を果たします。たとえば、病院内で人を移動させる時や室内から車までなど短い距離や時間で使用する際には、持ち運びの楽な軽い車いすが適しています。 上記のような場合には、後輪の小さな車いす(介助用車いすとも呼ばれています)を選択することもありますが、押す力がより多く必要となります。小さな後輪では手が届かないため、自分で車いすを操作する(漕ぐ)可能性を無くしてしまいます。 安全面などを考慮した上で、状況に適した車いすを選択してください。

 

 



ユーザーストーリー集

車いすユーザーストーリー

車いすを使用している方々の実際
の声をご紹介

Link

 

 

用語および補足説明

このページに出てくる用語の説明や
補足説明

「モジュラー車いす」

モジュラー車いす
オットーボック社では、ユーザー一人ひとりに合わせてパーツを組合わせることができる「モジュラー」という考え方を多くの製品作りに取入れてきました。

 

オットーボックの車いすは、全てがモジュラー式になります。
ご利用になる方の体格、身体状況、
生活環境に合わせて適合させること
ができ、状況が変化した場合にも、
パーツを取替えたり、調整することで再び最適な車いすとしてご使用いただけます。