小児福祉用具 車いす/自操(自走)・介助 アクティブな方向け車いす

 


車いす/自操・介助:
各部の名称

車いすの各部の名称(用語)と説明を示しています。

 


車いす各部の名称

  キャスター(前輪) 駆動輪(ホイール)とタイヤ キャスターフォーク テッピングレバー(ティプアシスト) 車軸 駐車用ブレーキ ハンドリム ブレーキ延長レバー 制動用ブレーキ(介助者用ブレーキ) 手押しハンドル(プッシュハンドル) フットプレート フットサポート シート サイドパネル アームサポート バックサポート

① バックサポート

車いす利用者の背中を支えるためのものです。後方に倒れるリクライニング機能を伴ったものがあります。体幹の筋力が低下したり、脊柱の変形等により座位が正しくとれない場合は「張り調整式バックサポート」により安定させることができます。
また、頭部を支持するためにバックサポートの上部位置に、車いす付属品のヘッドサポートを取付けることもできます。これにより頭部位置の調整を行うことができます。

Link 詳しくは「車いす付属品 アクセサリー」をご覧ください。

 


② アームサポート

肘から先の腕を乗せて上肢を安定させ、姿勢を保ったり、立ち座りの時の支持に使ったり、また、体幹部の姿勢改善にも役立てます。多様なパッド形状やエレベーティングユニットとの組合わせにより、前腕のさまざまなポジショニングに対応することもできます。


③ サイドパネル

衣類などが横から垂れ車いすの駆動輪(後輪)に巻き込まれないようにするためのカバーです。前方を低くしたり、丸く傾斜したサイドパネルの形状は、食事や仕事の際、テーブルの下まで楽に入ることができます。固定式のほかに、はねあげ式などの可動式のものもあります。可動式のものは、車いすからベッドやトイレに移乗する際に便利です。


④ シート(クッション)

座るための座面のことです。座角、座幅、座面高さ、座奥行などにより、座位の姿勢や駆動時の姿勢、立ち上がりのやすさに影響を及ぼします。小柄な方や、足こぎをされる方は座面高さを低くしたり、また、クッションを乗せて使う場合、クッションの厚みを考慮して座面の高さを調節しましょう。


⑤ フットサポート

足を支える装置一式の事です。両側の支柱にベルトを張ったものなどがあります。このフットサポートが左右に開くものを「スイングアウト」といいます。膝角度が調節できるものを「エレベーティング式」といいます。


⑥ フットプレート

足を乗せておく板状のものです。片方ずつはねあげができたり、両方つなげられたりするものがあります。


⑦ 手押しハンドル(プッシュハンドル)

介助する方が車いすを押すため取り付けた把手の部分です。


⑧ 制動用ブレーキ(介助者用ブレーキ)

介助用ブレーキは、介助する方が操作するブレーキで、自転車のブレーキと同じように操作することでブレーキが効きます。ドラムブレーキは、その優れた制動によりブレーキの効きが向上します。自走(自操)用の車いすには、この介助用ブレーキが付いていない場合もあります。


⑨ ブレーキ延長レバー

片麻痺のある方が、ブレーキレバーを延長することで麻痺側のブレーキを操作しやすくすることができます。


⑩ ハンドリム

ハンドリムは、後輪の外側に固定されたタイヤよりひと回り小さい自走用車椅子の後輪の外側についている輪のことです。手でこぐ際にこの部分を握ったり離したりしながら、後輪に駆動力を伝え車いすを操作します。


⑪ 駐車用ブレーキ

停車中に走り出さないためのブレーキです。車いすの移乗や乗り降り際には、この駐車用ブレーキを使用し、車輪を押さえつけるようにして後輪を固定しブレーキをかけます。


⑫ 車軸

適切な車軸の前後位置や高さは、腕の長さ、座面高、駆動姿勢、座位バランスなどにより変わってきます。車軸の位置が前方に位置すると、駆動輪への加重が小さくなるため、より軽く操作することができ、また、操作点(ハンドリムの位置)が前方にくるため、上肢での操作はより容易となり、大きな駆動力が発揮できます。その反面、車いすの後方への安定性が損なわれれるので注意が必要となります。


⑬ テッピングレバー(ティプアシスト)

段差を越える時などに、介助者が足で踏んで操作することで、車いすの前輪を簡単に持ち上げることができます。ティッピングバーがあると、段差越えが楽にできます。


⑭ キャスターフォーク

キャスターフォークはキャスター(前輪)を取付けている部品です。車いすのフレームより外側に張り出す様にキャスターフォークを配置することで、足こぎの際にキャスターが邪魔になりません。そのように標準で配置されているオフセットキャスタータイプの車いすもあります。

Link 詳しくは「足こぎに最適なモジュラー 車いすM3」でご覧いただけます。

 


⑮ 駆動輪(ホイール)とタイヤ

自走(自操)用か介助用かで後輪の径の大きさが異なり、一般的に自走用では22~24インチ、介助用では12~20インチです。クッション性が良好で屋外での使用に向くエアタイヤ、病院や施設で使用されることが多い空気の補充をしなくてもよいノーパンクタイヤがあります。

 

⑯ キャスター(前輪)

後輪にくらべて直径が小さく、左右への方向転換が容易な構造になっています。



 
用語および補足説明

このページに出てくる用語の説明や
補足説明

「車いす」と「車椅子」

「車いす」と「車椅子」
「車いす」という言葉は2010年11月末まで椅子の「椅の文字」が常用漢字に登録されていなかったため、日本国内では、法令をはじめとして、多くの場合に「いす」とひらがなで表記しています。